夏バテで胃腸不良

夏バテで最も多いと
される症状が胃腸不良です。



夏の暑さであっさりとした食事ばかり
取り続けるとビタミンが不足して、
夏バテの症状に陥ります。



さらには、しっかりとした食事が
行なわれない状態だと、

水分を多く摂取してしまう
傾向にありますので、

暑さで水分ばかりが増え、
胃腸の働きが低下してきます。



そうなった状態では、
きちんとした食事を取ろうとしても

胃腸が既に食事を
受け付けない状態であったり、

食事をしても栄養の吸収が
効率よく行なわれず、
夏バテの症状が悪化してしまいます。



胃腸不良を感じる方は、
まずは消化の良い食事を取り、

胃腸の負担を少なくして
あげる事が必要ですし、

食事で不足したビタミン等を
サプリメント等で摂取する事も
効果的であると言えます。



猛暑になると温かい食べ物は
敬遠しがちですが、

冷たい飲み物や冷たい食事ばかりを行なうと、
すぐに夏バテの症状が出ますので、

食事は栄養バランスを考えて、
しっかりと噛んで
食事を行う事を心がけましょう。


スポンサード リンク

夏バテは無理をせずに気分転換を図るなど、
ストレスを貯めないようにしておきましょう。