夏バテで肝臓疲労

夏バテで肝臓疲労を感じている方も
結構いらっしゃるのではないでしょうか。



夏の暑さの中、仕事を頑張って
終えた後に飲む冷たいビールの味は
非常に格別なものだと思います。



しかし胃腸にも負担がかかりますし、
肝臓への負担も
かなり大きなものがあるのです。



夏場は冷たい飲み物を
一気に流し込むのはよくありませんので、

冷たい水分を摂取する際には、
出来るだけ常温で飲む事が
身体には良いと言われています。



しかしビールとなると
常温のビールは好まれませんし、

お店で頼んだビールはもちろん
キンキンに冷えている事でしょう。



何事も飲みすぎは良くありませんが、
冷たいビールを飲む際にも、

一気に口から胃に流し込むのではなく、
一口ずつ飲んだ方がもちろん
胃腸や肝臓への負担は少なくなります。



ビールなどのお酒を飲みすぎると、
肝臓が疲れますので

体内のエネルギーを肝臓で
費やしてしまいますので、

結果としてエネルギー
不足となってしまいます。



胃腸や肝臓を労わる為にも、
お酒は一気に飲まず、
量も控えめにするように心がけましょう。



またお酒を好まれる方は、
積極的にアミノ酸を補給するように
心がけておきましょう。


スポンサード リンク

夏バテは無理をせずに気分転換を図るなど、
ストレスを貯めないようにしておきましょう。