夏バテで自律神経の乱れ

夏バテで自律神経が
乱れる事が非常に多いのですが、

暑さのストレスから自律神経が乱れ、
夏バテの症状が発生し、

それがさらにストレスになり、
また自律神経が乱れてしまうといった、

夏バテのスパイラルに
陥ってしまうのです。



暑さだけでストレスを感じる事もありますが、
室内と室外の気温の差が大きいほど、
身体はストレスを感じてしまいます。



室内で冷房や除湿を行なう際には、
温度調節に気をつけましょう。



現在は企業でも、「チームマイナス6℃」
と言われるCO2対策も行なわれており、

室内温度が27℃に設定されている
環境が多くなりました。



しかし節電が訴えられている時期では、
冷房や除湿すら使用しない環境になりますので、

室外よりも熱がこもった室内の方が
ストレスを感じてしまう環境の方も
多くいらっしゃるようです。



ストレスによる自律神経の乱れで
夏バテを感じている方は、

ビタミンEやローヤルゼリーが
効果的と言われており、

自律神経のバランスを
整えてくれる働きがありますので、

積極的に摂取すると
効果があるかもしれません。



ストレスを感じないように、
あるいはストレスと上手に
付き合う事も大切な事ですので、

自分に合った温度調節と環境調節を行い、
夏バテを予防するようにしましょう。


スポンサード リンク

夏バテは無理をせずに気分転換を図るなど、
ストレスを貯めないようにしておきましょう。