夏バテを防止しよう

夏バテを防止するには
まずは心構えも必要になってきます。



必要以上に冷房にあたったり、
冷たいものを飲むのではなく、

夏が暑いのは当たり前なのだと
自覚する事から始めましょう。



そして暑さで汗をかくだけでなく、
しっかりと体を動かしながら
汗をかく癖をくけた方が良いでしょう。



食事は特に栄養の
バランスに気をつけて、

暑いからといって
あっさりしたものばかりでなく、

タンパク質やビタミンB群などを
積極的に摂取するように
しなければなりません。



そして暑い夏は
寝苦しい季節でしょうが、

なるべく室内を寒すぎないように
温度調節しながら、
快適な温度で睡眠を取る事も必要です。



冷房で室内を冷やして、
そのまま眠りにつくと快適に思いますが、

実は体にはかなりの負担がかかり、
起きた時に疲れを
感じてしまう事もありますので、

適温で睡眠をたっぷりと
取れるようにしましょう。



また夏バテ防止には、
水分補給の仕方も大切です。



汗によって失われる水分は、
ミネラルを多く含んだ飲み物を摂取する
事が理想と言われています。



また冷たい飲み物を一度に沢山飲んでも、
体はそんなに一度に
沢山の水分は吸収出来ません。



1回の水分摂取には、
コップ1杯程度を10分以上の

間隔をあけて飲む事が
理想であると言われていますので、
こまめに少しずつ飲む事が大切です。



運動の前などは、
汗をかくと分かっているので、

事前に適度の水分を補給しておき、
その後も適度に水分を取ると効果的です。


スポンサード リンク

夏バテは無理をせずに気分転換を図るなど、
ストレスを貯めないようにしておきましょう。