冷房病とは

冷房病とは、冷房のかけすぎや
室内と室外の気温の差が激しい事から、

自律神経のバランスコントロールが
乱れる状態で、

自律神経失調型の
夏バテであると言われています。



冷房病が急増している背景には、
冷房が必要以上に使用されている環境が

夏に非常に多くなった事から、
現代病であると言われています。



ここのところ、
企業等でCO2削減の動きとして、

チームマイナス6℃などの運動が活発になり、
クールビスが定着してきました。



さらには節電の動きが
非常に活発になった事で、

冷房病の心配も少しは
少なくなったのではないでしょうか。



冷房病になると、手足の冷えや寒気がしたり、
喉や頭や腰が痛くなったり、

肩こりや体のだるさ、胃腸不良など、
様々な病気を引き起こしてしまいますので、
注意しなければなりません。



冷房病を防ぐには、
室内温度に気をつけたり、

冷えやすい服装は避けたりと
自分の意思で防ぐ事が可能です。



またビタミンEを摂取する事で、
血行を促進して冷えやすくなった
体を温める事が期待出来ますし、

ローヤルゼリーは自律神経の
バランスを整えると言われています。



夏には汗をかきたくない
心境になるでしょうが、

運動をして適度に汗をかくことは、
自律神経による体温調節が正常に働くようになり、

自律神経のバランスを整えてくれるので、
適度に運動をして汗をかいてみましょう。


スポンサード リンク

夏バテは無理をせずに気分転換を図るなど、
ストレスを貯めないようにしておきましょう。