胃のトラブル

夏バテの症状として、
胃のトラブルはつきものです。



夏バテによって胃の機能は低下してしまい、
消化不良を引き起こしますが、

胃の機能低下の症状としては、
食欲不振、胃のもたれ、
胃のむかつきなどが挙げられます。



その原因には
夏の暑さによるストレスだけでなく、

冷たいものの暴飲暴食などが
主な原因となります。



胃は本来から自律神経が
敏感に反応する臓器ですので、

夏の暑さのストレスだけでも、
かなりの負担となってしまう訳です。



さらにその上で冷たいものを
一気に飲んだり食べたりする事で悪化し、

栄養の吸収が低下して口内炎や口角炎を
発症する場合も出てきますし、
下痢や便秘の原因にもなります。



まずは夏バテによる胃の不調には、
休息や睡眠を十分に取る事が大切です。



無理をせずに気分転換を図るなど、
ストレスを貯めないようにしておきましょう。



食事の際には、消化の良い食べ物を
少ない量でしっかりと
噛んで食べる事が大切です。



冷たいジュースやビールは
極力避けたり、

脂肪の多い食品や
ゴボウなどの繊維質の多い根菜も
避けた方が良いでしょう。



食欲が進まない方には、
梅干を食べると食欲が増しますし、
大根おろしなどの温和な香辛料も良いでしょう。



またビタミンが
不足していると感じている方は、

サプリメント等でビタミンを補給して、
ビタミンバランスを
整えると良いでしょう。


スポンサード リンク

夏バテは無理をせずに気分転換を図るなど、
ストレスを貯めないようにしておきましょう。